トップページに戻る

装着について

現在一番普及している方式はショルダー方式です。 しかしこの方式は衣装の上に背負う為、ベルトとショルダーが丸見えと云う欠点があります。

この為、ポケットホルダー方式が普及しつつある時期がありましたが、衣装にポケットを付けてしまう為、 羽取付用専用の衣装になってしまう事などの欠点がありました。

これに代わりクリップハンガー方式という新たな方式を開発しました。 この方式は衣装の背中にクリップで取り付けると云う方法です。

この方式だとベルトもショルダーも無いので余計な物が衣装の上に見えてしまうと云った事はありません。 しかも製作費が安く済むと云う利点があります。
ただし、大型の羽は重さに耐えられない事などの欠点もあります。

現在は多種多様な方式が開発されています。どの方式にも一長一短があります。装着方式一覧を御参照下さい。


装着方式一覧
  衣装に手を加えて装着するタイプ
装着方式 利点欠点備考
マジックテープ方式
 (  10,000円〜)
製作費が安く取付が簡単 衣装が専用になる
取付は小型羽のみ
左右一体型
分解不可
ポケットホルダー方式
 (  20,000円〜)
製作費が安く取付が簡単 衣装が専用になる
大型羽は取付不可
左右独立型
ホールジョイント方式
 (  40,000円〜)
巨大羽も装着可能 衣装が専用になる ショルダー衣装内
装着式組立型
  衣装に手を加えずに装着するタイプ
装着方式 利点欠点備考
安全ピン方式
 (  10,000円〜)
製作費が安く取付が簡単 衣装に穴が開く事が
ある
取付は特小型羽のみ
左右一体型
分解不可
クリップハンガー方式
 (  10,000円〜)
製作費が安く装着が簡単 使用中に外れてしまう
事がある
取付は小型羽のみ
左右一体型又は
折畳型
ショルダー方式
 (  30,000円〜)
装着が簡単で殆どの衣装に
着用可能
巨大羽も装着可能
ショルダーとベルトが
丸見え
持ち運びが不便
左右一体型
分解不可
ショルダージョイント方式
 (  40,000円〜)
装着が簡単で殆どの衣装に
着用可能
巨大羽も装着可能
ショルダーとベルトが
丸見え
組立型
アームカセット
 ショルダー方式
 (  50,000円〜)
巨大羽も装着可能 エリのある衣装への
装着不可
肩が露出している衣装
はベルトが丸見え
組立型
アームカセット
 コルセット方式
 (  70,000円〜)
大型羽も装着可能
肩が露出している衣装も
見た目が綺麗
エリのある衣装への
装着不可
組立型
アームカセット
 ハイブリット方式
 (  90,000円〜)
巨大羽も装着可能
背中が露出している衣装に
対応
エリのある衣装への
装着不可
組立型
ハイパークリップ方式
 ( 150,000円〜)
殆どの衣装に着用可能
見た目が綺麗
製作費が非常に
かかる
大型羽は取付不可
組立型

( )内の金額は製作費としてかかるおおよその料金です。 衣装の加工費及び羽代は含みません。

トップページに戻る